賃貸物件はライフスタイルに合わせる~らくらく生活~

住宅

賃貸物件の家賃

家

日本の問題は核家族化や少子高齢化などの問題です。この問題が関係して、新築物件から賃貸物件よりも早く入居者が決まります。しかし、賃貸物件のほうが物件を安く借りられます。

詳しくはコチラ

賃貸に住もう

家

賃貸物件には利点があります。それは、最初から土地を探す必要があまりないということです。賃貸物件は元々家が建てられているので、便利です。また、すぐに引っ越しを行うことが出来るのもメリットです。

詳しくはコチラ

マンションの購入

マンション

タワーマンションは、購入するにしろ借りるにしろ、非常に高額の住居コストがかかることになります。借りる場合であれば、最低でも毎月50万円以上の家賃がかかるのが普通です。

詳しくはコチラ

契約と引越作業

賃貸契約で大事な基礎知識

家

賃貸物件の契約を進める前に、契約内容をよく確認することが大事です。賃貸契約は重要な法的な効力を持つ書類です。賃貸だからと軽くみたり、よく読まないでハンコを押してしまうと、後でトラブルになります。 契約内容でチェックすべき基本的なことは「家賃や家賃の支払い日」「契約更新日と契約更新料」「契約解除と解除予告」「禁止事項」などです。 通常、賃貸物件は二年毎の契約更新がありますが、中には一年の場合や三年の場合もあります。契約更新料として家賃一ヵ月分請求されるのが一般的です。また、賃貸物件に住むなら「ペット禁止」「同居人禁止」などの家主が決めた禁止事項に従う必要があります。禁止事項に違反した場合は違約金が請求されることもあります。

引越し費用を抑えるコツ

賃貸契約を結んだら次にあるのが引越し作業です。ただし、すぐに引越しができるのは「即入居可」の賃貸物件だけです。まだ前の住民が住んでいる場合は引越しができませんし、前の住民が引越していてもハウスクリーニングが終わるのを待たなければならない場合もあります。 不動産屋が引越し業者を勧めてくれる場合もありますが、自分で見積りを貰って探すほうがずっと安い業者を見つけられます。ネットで無料一括見積をすればすぐに費用が分かります。安くしたい場合は梱包などは自分でして、オプションなしの一番シンプルなプランを選ぶことです。また、土日を避けて平日にしたり、時間指定をなくしたり、仏滅にしたりすることで費用を抑えることができます。